女の人

頭皮ケアは毎日のシャンプーで出来る|頭皮環境改善化

健康的な頭皮環境

櫛を持つ女性

頭皮の洗い方

健やかな頭皮ケアでは、洗う・潤す・乾かす3ステップが最も重要視されています。頭皮のバリア機能が乱れることによって、外部刺激が侵入し、かゆみが起き、皮膚の生まれ変わりが滞って益々フケが出るなど、悪循環に陥りやすいため、洗うことは頭皮環境の改善に直結する内容です。入浴前のブラッシングで汚れを軽く落とし、ぬるめのお湯で予洗いし、潤いを守りながら不要な汚れを落としてくれるシャンプーを手のひらで泡立て、指の腹で揉みほぐすようにジグザグに動かしながら洗います。泡がなくなってからもしっかりすすぐことがポイントで、潤いを与えるためのコンディショナーを塗布し、髪全体をよくすすぎます。また、乾かす際にドライヤーを使用しますが、高温は避けて乾かし、冷風を当てた際に冷たく感じる場合、まだ頭皮は乾いていないサインとなるため、しっかり乾かします。冷風ブローのテクニック1つで、髪のツヤとまとまり感までがアップするなど、頭皮ケアとの相乗効果までが期待できます。

肌質に合わないヘアケア

頭皮トラブルを繰り返す悩みを抱えるケースは意外と多く見聞きする内容ですが、肌質に合わない頭皮ケアがトラブルの原因になっている場合があり、健康的な頭皮を手に入れるためにも、まず、洗い方を見直すことが必要となります。健康な頭皮を保つためには、潤いながら洗うことがポイントですが、洗うことと守ることの両立ができるなど、スキンケアするように頭皮ケアできるシャンプー選びも重要視したい点です。頭皮はもともと、皮脂が出やすい場所であり、かゆみやフケなどが気になることにより、必要以上に汚れを落とそうと強い力で何度も洗ってしまいがちです。ですが、女性の肌は乾燥しやすいため、洗い過ぎることによって表皮の皮脂や水分が必要以上に奪われてしまい、逆にかゆみなどの炎症を起こすため、植物性アミノ酸系洗浄成分の低刺激シャンプーを利用することがポイントになります。